コスメルジュ編集部が選んだ!頬のたるみにおすすめの化粧品

たるみ化粧品の選び方

たるみに日本で最も売れているオールインワン

ハリに効果的な7種のコラーゲンを配合したオールインワンがパーフェクトワン モイスチャージェル。多くのたるみに悩む女性に愛用され4000万個以上売れている人気のオールインワンです。

 

半透明なぷるぷるとしたジェルで、思ったより軽いテクスチャー。軽くマッサージをするように馴染ませていくと肌がもっちりと柔らかくなってくるのが分かります。

 

それぞれのコラーゲンが肌の各層に浸透して働きかけるせいか、手が吸い付くほどしっとりしているのにベタベタ感が無いのもパーフェクトワンの特長。

 

潤いをキープしながらハリや弾力のある肌にしてくれるので、特に乾燥肌で頬のたるみが進みやすい人におすすめのオールインワンだと思いました。
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

頬のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン モイスチャージェル 編集部オススメ!

7つのコラーゲンでふっくらハリの頬に!日本で最も売れているオールインワン

頬のたるみ化粧品おすすめ

みずみずしい白っぽいジェルで肌に伸ばしやすいです。柑橘の香りと相まってさっぱりと使えるので、夏場は特に気持ちがいいです。冬場は特に乾燥が気になる口元に2度塗りしてますが、これだけで本当に肌がふっくら柔らかくなってきています。コラーゲンが7種も入っているなんて、贅沢なオールインワンだなって思います。

7種類ものコラーゲンを贅沢に配合した日本で最も売れているオールインワン。パーフェクトワン独自の7種類の複合型リフティングコラーゲンにヒアルロン酸やセラミド、和漢植物エキスなど40種類の美肌成分も配合されているので潤いとハリの悩みを同時に解決してくれるのが大きな特徴です。ハリ・潤いに重点に置いた「モイスチャージェル」と、ハリ・潤いに加えシミ・ソバカスの悩みにも対応した「薬用ホワイトニングジェル」が選べるのも魅力です。
初回限定3,800円→3,500円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回1,900円(2回目以降10%OFF)・税別
公式HPへ

リソウ リペアジェル 編集部オススメ!

コラーゲンの減少による頬のたるみ対策に!1滴の水も加えない高濃度美容液

手に取った瞬間は硬い水あめを一滴手のひらに落としたような感じで、絶対肌に伸びるわけないと思ったのですが、しっかり手のひらで温めながら伸ばすと、擦りつけなくても塗布できました。使い方に慣れてきたころには毛穴も小さくなり肌全体が上に引き上げられてるような実感が。たるみきった頬もピーンと張って重力に逆らうようになりました。

年齢肌に最も推奨できるブランドに選ばれたリソウのオールインワン美容液。コラーゲンの生成を促す独自成分を配合することで、しわ・たるみの大きな原因である加齢によるコラーゲン不足をカバーしてくれる特徴があります。外側からの保湿ケアだけでは、たるみ対策が難しい…と感じたら使いたい美容液です。
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPへ

ミューノアージュ(MUNOAGE) 編集部オススメ!

EGFを始め7つのペプチドがたるんだ肌を再生!専門医が開発したドクターズコスメ

頬のたるみ化粧品おすすめ

固いけどスッとなじむ、今までに無い独特のテクスチャー。初めて使った日の翌朝、肌のハリやもっちり感がすごくて驚きました。お肌の細胞が均一になっている感じがしますし、あきらかに肌の質感がかわってきています。20代30代だとちょっともったいない感じがしますが、40代以降のハリ対策にピッタリだと思います。

皮膚科専門医が開発したドクターズコスメ。ノーベル賞受賞成分EGFをはじめとするペプチドを7種類厳選し贅沢に配合。年齢とともに減少するヒアルロン酸・コラーゲンの生成を促すことで目もと口もとにもっちりとしたハリを体感できます。添加物フリーなので敏感肌の方にもオススメの化粧品です。
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)

トワエッセ プレミアム エッセンス

ラッピング効果でたるんだ頬もピンッ!リフトアップに話題の人工被膜美容液

頬のたるみ化粧品おすすめ

ゆるめの乳液のようなジェルで、うっかりすると指先から垂れてしまう位です。その分肌に伸ばしやすいのですが、人工皮脂膜と謳っているだけあり、本当に肌が薄いヴェールに包まれたような、今までの化粧品では感じたことがない、守ってくれているような感覚があります。比較的即効性もあり、ダルンとした顔がすっきりしやすいです。

プロテオグリカンやコラーゲン・ヒアルロン酸など108種類もの美容成分を配合した美容液。史上初の人工皮脂膜成分がラッピング効果でたるみをピンと引き上げてくれる特徴があります。よく動き、乾いてしまいがちなほうれい線まわりにもしっかりと美容成分をキープ。気になる部分の集中ケアはもちろんオールインワン美容液としてトータルケアできるのも魅力です。
6,480円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別 30日間全額返金保証
公式HPへ

アテニア ドレスリフト

のっぺり顔解消!24時間たるみを集中ケアするアテニアのエイジングライン

頬のたるみ化粧品おすすめ

口コミ評価が高いので、使用してみたくお試しを購入。化粧水はとろみがありますがしっかりと肌に浸透してべたつかず、好感触でした。クリームは軽いテクスチャーで伸びがよく、肌なじみもいいですね。2週間使ったら、肌がもっちりしてリフトアップしてきたので本品を購入しようと思います。

ハリ・弾力のある肌のためのアテニアのエイジングケアライン。年齢と共に衰えてくるハリに焦点を当てて、24時間ケアすることを目標としているのが特徴です。朝のケアで日中の潤いと抗酸化対策を、夜のケアでは睡眠中の乾燥対策と肌への栄養補給を目指します。特に乾燥肌の人のたるみ対策におすすめの化粧品です。
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)

b・glen たるみ・ほうれい線ケア トライアルセット

たるみ・ほうれい線解消を目的としたビーグレンの集中ケアセット

頬のたるみ化粧品おすすめ

泡立たないクレイ洗顔や塗るとほわっと温かくなる美容液など、今まで使った事ないアイテムが沢山のセット。やはり目玉はマッサージ専用美容液ですね。ゆるめのテクスチャーなので肌を擦ることなく、1日シャキッとした顔でいられます。刺激はないけど、保湿力はきちんとあるので、乾燥肌の人でも使いやすいブランドだと思います。

独自の浸透技術を用いたビーグレンのたるみケアセット。エイジングケア化粧品では珍しいマッサージ美容液が、肌を引き上げてシャープな輪郭にして、頬の位置も高めてくれるのが特徴です。また5つのリフトアップ成分が肌の奥にまで確実に届いてくれます。今までのたるみケア化粧品ではいまいち効果を実感できなかったという人に。
7日間トライアルセット1,800円・税別
(クレイウォッシュ15g・QuSomeローション20mL・QuSomeリフト10g・Cセラム5mL・QuSomeモイスチャーリッチクリーム7g)

公式HPへ

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に自分たちで実際に使ってみた感想、アンケート結果を元に頬のたるみに評価の高かった化粧品を独自に選んでみました。
掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

パーフェクトワン モイスチャージェル 38歳 乾燥肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

小鼻脇から口角までくっきり刻まれたほうれい線です。ただのシワだけでも嫌なのに、今度はそのシワに沿って頬肉が垂れ下がってきました。初対面の人に思い切り実年齢以上の年齢を言われ、お互いとても気まずい思いをしたこともあり深刻な悩みです。

 

2.その美容液を選んだ理由は?

同じ年齢の従妹が使っていました。同年齢と思えない肌ツヤやハリにいつも羨望のまなざしで、きっと高価な化粧品やエステに行ってるんだろうなと決めつけていましたが、泊りに行った際、洗面所にはパーフェクトワン、たったこれ一つだけが置いてあり実際にこれしか使っていないとのこと。早速私もこれならと飛びつきました。

 

3.最初の印象(テクスチャーと刺激・使い心地)は?

見た目はプルンプルンの、振ったら揺れ動きそうなゆるめなジェルなのですが、肌に伸ばすと程よいコッテリ感があり、マッサージもしやすいです。それまで浸透性が売りのスキンケアを使っていたので、それと比べたら意外と長い間肌の上に残るな〜と思いました。ただ、いろんな種類のコラーゲンが配合されていて肌の色んな場所に留まったり浸透したりするようなので、すべてがあっという間に消えてなくなるわけではないんだろうと思います。

 

4.どんな風に使ったか?また工夫した点

マッサージがとてもしやすいので、お風呂から上がる直前には湯船の中でマッサージしていました。洗い流す必要がないので非常に便利です。肌の乾燥があまりにもひどいときは手持ちのホホバオイルを数滴混ぜて使いました。

 

5.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

使い始めてからは顔全体がモッチリした感触になり、垂れ下がっていた頬肉も本来あるべき場所に戻りつつあるかなという感じです。化粧水やクリームを買うことがなくなったので経済的にも楽になりました。改善点はポンプ式の容器にしてほしいです。コストがかかるのかな。それで値段があがるならこのままでよいです。

公式HPで詳しく見てみる

頬のたるみに効果的な化粧品の選び方

頬のたるみの最大の原因は肌の老化です。

 

この部分は皮膚が厚いため、老化によるハリや弾力の低下によって支えきれなくなってしまい、重力に負ける形で垂れ下がってしまうのです。それだけに化粧品選びでは老化対策に優れた製品を選んでいくことが第一となります。

抗酸化作用で老化対策を!

老化対策といえば抗酸化作用ビタミンCビタミンEといった成分が挙げられます。

 

とくに近年発売されている化粧品にはEGFFGFフラーレンといった最新の研究によってその効果が注目を集めるようになった成分を配合したものが増えており、抗酸化作用ひとつとっても選択肢が増えていますから、ひとつひとつの成分の特徴やメリットを把握したうえで選んでいくとよいでしょう(参照:たるみ化粧品の選び方)。

乾燥対策も重要なポイント!

それから乾燥対策

 

老化対策では保湿と抗酸化対策とを併せて行っていくことが重要です。老化が乾燥の原因となり、乾燥が老化を進行させてしまうという密接な関係があるからです。

 

口元はとくに乾燥しやすい部分ですから、乾燥が頬のたるみの原因となってしまわないようしっかりと保湿を行いましょう。

 

そのためにはセラミドコラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分の補充が重要ですが、これらの成分を選ぶ際にはできるだけ浸透力に優れたものを意識して選んでいきましょう。

 

高濃度に濃縮したり、ナノ化によって分子量を小さくしたものなど、メーカーごとに工夫が見られるので化粧品選びの重要な判断材料となります。

コラーゲンの補充もたるみ対策のポイント

そしてもうひとつ、老化・乾燥対策とも密接に関わってきますが、コラーゲンの補充も頬のたるみの対策に欠かせないポイントです。

 

保湿成分として外から補うだけでなく、真皮層の含有量を増やして肌のハリを改善させることもたるみ対策の鍵となるからです。

 

スキンケア製品で外から補う形では真皮層までコラーゲンを届けることは難しいと言われており、体内での生成量を増やすよう心がけることで大事です。

 

ビタミンECレチノールFGFなどがコラーゲンの生成を促す効果を持っているのでこの点も考慮しながら化粧品を選んでいくとよいでしょう。
参照:目の下のたるみに使ってみたい化粧品

アイテム別たるみに効果的な化粧品の選び方

1.たるみに効果的な化粧水の選び方

たるみを化粧品だけでケアしていくのは難しいため、あくまでスキンケアの一環としての位置づけで効果的な製品を選んでいくことが大前提です。

化粧水の目的はもともと洗顔後の肌を整えること

そのためにも化粧水でどのような効果が得られるのか、たるみ対策にどうやって使っていけばいいのか、基本的なところから確認しておきましょう。

 

化粧水の目的はもともと洗顔後の肌を整えることにあります。

 

洗顔後は汚れだけでなく皮脂膜の形成に必要な皮脂やセラミドまでも洗い流されてしまっているため、バリア機能が低下して刺激に敏感な状態になっています。

 

そのままでいると外気の刺激を受けてしまいますし、すぐに美容液を使うとその刺激が負担になってしまうこともあります。

 

そこでまず化粧水を使って肌環境を整えるわけです。

 

これはたるみ対策においても非常に重要な部分で、敏感な状態を整えずにスキンケアを続けてしまうと刺激によって活性酸素が増加し、老化がどんどん加速してしまいかねません。

 

化粧水で有効成分を補うのもよいですが、それ以前にまずこの基本的な役割を備えているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

収れん効果や保湿効果に注目する

そのうえでたるみにどれだけ効果が得られるかどうかを見ていくわけですが、収れん効果にまず着目してみましょう。

 

肌がたるむとそれに引っ張られるようなかたちで毛穴が開きやすくなります。そこで収れん効果を備えた化粧水で毛穴を引き締めるわけです。

 

注意したいのはエタノール(アルコール)が使用されている製品は避けること。

 

エタノールは肌を引き締める優れた効果を備えている一方で水分を蒸発させてしまう作用もあるので乾燥の問題も抱えやすい年齢肌には向いていないのです。

 

収れん効果に加えて保湿効果もチェックしておきましょう。美容液やクリームでも保湿はできますから、化粧水に必ず必要というわけではないのですが、乾燥でバリア機能が低下していると老化によってたるみがどんどん進行してしまいます。

 

化粧水でも保湿を心がけることでスキンケア全体での保湿対策の効果を高める工夫も肌環境によっては必要になってくるわけです。

 

また、たるみや乾燥が進んだ肌は毛穴の柔軟性も失われていることで補った有効成分が十分に浸透しにくくなってしまいます。

 

そのため化粧水の段階で保湿ケアを行っておくことで美容液で補う有効成分をしっかり浸透させられる環境を整えておくといった対策も必要になってきます。

 

このように化粧水としての基本的な効果を前提にしたうえで自分の肌の状態、とくに乾燥がどれぐらい進んでいるかを踏まえたうえでたるみ対策に役立つ化粧水を選んでいくことが求められます。

 

2.たるみに効果的な美容液の選び方

美容液は有効成分を補うのがおもな目的ですから、たるみ対策ではハリの改善をはじめとしたたるみの改善に役立つ成分をしっかりと補っていけるかどうかが選んでいく上での最大のポイントとなります。

セラミドは油溶性なので乳液やクリームで補いたい

それだけにまずたるみにはどんな成分が役立つのかをよく知っておきましょう。

 

また、美容液で補う必要がある、補ったほうが効果が高い成分というのもありますし、逆に他のアイテムで補ったほうが効果が期待できるものもあります。

 

たとえばセラミドはたるみ対策と保湿対策両方に欠かせない成分ですが、油溶性なので乳液やクリームで補ったほうが肌になじみやすいといいます。

 

美容液で補う必要はない、とは言いませんが、美容液で補う有効成分を選んでいくなかで優先順位や、他のアイテムとの役割分担といったものもよく検討しておきたいところです。

 

一番のお勧め、というより必須といってもよいのがプラセンタエキスです。

 

動物の胎盤から抽出されたこのエキスには皮膚細胞を活性化させるグロースファクター(成長因子)が含まれており、ターンオーバーを改善することで肌にハリをもたらす働きがあります。

 

なお、エイジングケア製品の中には動物の胎盤から抽出されたものではなく、植物由来や魚由来のエキスを「植物プラセンタ」「マリンプラセンタ」と名づけて配合しているものもあるのでプラセンタを選ぶ際には十分に注意しましょう。

コラーゲンの生成を促す成分も摂取したい

それからコラーゲンの生成を促す成分もたるみ対策には欠かせません。

 

肌のたるみは真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンの減少・不足が深くかかわっているのですが、スキンケア製品でこれらの成分を補っても浸透するのは角質層まで、肝心の真皮層には届かないので体内での生成量を増やすことができるかが非常に重要な意味を持ってきます。

 

これにはこの2つの成分を作っている繊維芽細胞を活性化させるのがポイントで、ビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシン、先ほども挙げたプラセンタなどが効果的です。

 

あとはおなじみ、老化そのものを防ぐための抗酸化成分。ビタミンC誘導体、コンエザイムQ10、アスタキサンチンなど、シワ対策にも役立つだけにエイジングケア全般に欠かせない成分です。

 

美容液選びではこれらの成分の中からどれが配合されているかがまず第一、そのうえで浸透性や持続性を高めるための処方や技術が充実しているかをチェックしていくことになります。

 

添加物の有無など肌に余計な負担をかけないかどうかも視野に入れながら自分なりに適したたるみ対策用の美容液を探していくようにしましょう。

 

3.たるみに効果的なフェイスクリームの選び方

たるみに効果的なフェイスクリームを選ぶためにはフェイスクリームをどんな目的に使用するのか、基本的な部分をまず踏まえておく必要があります。

フェイスクリームで油分を適度に補うことが大事

よく知られているようにフェイスクリームの第一の目的は肌にフタをすることです。化粧水や美容液で補った水分・有効成分が蒸発して失われないよう、油分でフタをするわけです。

 

もともとたるみやすい肌は老化の影響で保湿力が低下しており、水分を抱え込みにくい環境になっています。

 

そのため水分や有効成分を補ったままではすぐに蒸発してしまい十分な効果が得られないことがあるのです。

 

老化した肌は有効成分をしっかり補う必要があるにも関わらず補った有効成分の効果が十分に発揮されないという厄介な問題を抱えているわけです。

 

しかも年齢を重ねると皮脂の分泌量も減少するため、表面の油分が不足することで水分が蒸発しやすい状況にもなってしまいます。それを補う意味でもフェイスクリームで油分を適度に補うことが大事なのです。

 

ですからたるみの悩みを抱えている方は自分の肌がどれだけ乾燥して水分が失われやすい状態かをできるだけ正確に把握したうえで適切な油分を補っていくことができる製品を選んでいく必要があります。

油溶性のセラミドはクリームと相性が良い

注意したいのは油分が多ければよいというわけではない点です。油分が多いとどうしてもベタつきやすくなりますし、毛穴を詰まらせて肌荒れの原因を作ってしまう恐れもあります。

 

あくまで自分に必要な油分を適切に補うことができるかを意識して選んでいきましょう。最近では油分が多めでもベタつかずに心地よく使えるタイプも増えているので表面がカサつきがちの方は使い心地を意識して選んでいくのもよいでしょう。

 

それから保湿効果を備えているか。保湿力が低下するとこれまで触れてきたように水分や有効成分を溜め込みにくくなりますし、さらにバリア機能の低下で紫外線のダメージを受けやすくなることで老化が加速し、肌のたるみの大きな原因を作ってしまいます。

 

現在市販されているフェイスクリームにはセラミドが配合されているものが増えており、化粧水、美容液だけでなくクリームでも保湿ができるかどうかも考慮したうえで製品を探していきましょう。

 

セラミドは油溶性なので美容液よりもクリームの方が相性がよく、肌に馴染みやすいとも言われています。

 

さらに各メーカーごとに独自の処方を採用しているケースも増えており、中には肌表面を有効成分や水分でヴェールを作って覆う効果を備えたものもあります。

 

肌のハリが低下してカサつきやゴワつきやすい状態になっている方はこうした特殊な処方も意識していろいろな製品の魅力・セールスポイントをチェックしてみましょう。

 

4.たるみに効果的なオールインワン化粧品の選び方

オールインワンでたるみ対策を行っていく場合にはたるみの改善を第一に考えつつもエイジングケア全般を視野に入れて製品を選んでいく必要があります。

配合されている種類が多いほど肌への負担は大きくなる

基本的にはオールインワン1本でひと通りのケアを済ませるわけですから、たるみだけでなくほかの悩みもしっかりケアできることも重要な条件となるからです。

 

そもそもたるみはさまざまな原因がきっかけになって起こります。ですから自分がどんな原因を抱えているか、そのためにはどんなケアが必要なのかをしっかり踏まえたうえで化粧品を選んでいく必要があるのです。

 

たとえば乾燥がちな方は紫外線のダメージで老化が加速しないよう保湿効果が欠かせませんし、真皮層のコラーゲンが不足することで肌のハリが低下している場合にはコラーゲンの生成を促すためのケアが不可欠です。

 

オールインワン化粧品を選ぶ際には自分が必要としている成分をしっかりカバーすることができるかどうか、必ず確認しておきましょう。

 

たくさんの成分がたっぷりと配合されていればよいわけではなく、あくまで自分に必要な成分が充実しているかどうかが問われるのです。

 

この点はできるだけシンプルな内容の製品を選ぶ点とも関わってきます。スキンケア製品は原則としてたくさんの種類の成分が配合されていればいるほど肌への負担が大きくなります。

 

多くの成分が配合されているだけでも負担が大きくなるだけでなく、それらの品質を保つために防腐剤などの添加物が必要になるからです。

基本的なスキンケアがしっかりできるかどうかもチェック

さまざまな悩みを抱えているエイジングケアではついいろいろな成分を補いたくなるものですが、あまり欲張ってしまうと肌に負担をかけてしまう恐れが出てきますから、できるだけ配合成分がシンプルな製品の中から自分が必要な成分をしっかり補えるものを選んでいくことが大事なのです。

 

オールインワンの場合はとくに多彩な成分を配合している点をアピールしている製品が多いだけに注意したいところです。

 

あとは基本的なスキンケアがしっかりできるかどうか。エイジングケア効果以前に化粧水、美容液、乳液、クリームの効果をしっかり備えていないとスキンケア製品として適しません。

 

とくに乳液・クリームとしての効果がしっかり備わっていないとせっかく水分と有効成分を補ってもすぐに蒸発して十分な効果が得られません。

 

美容成分に比べて油分はあまり意識せずに選んでしまいがちなだけに気をつけましょう。

 

たるみの悩みを抱えている人ほど油分が不足し、スキンケアの効果が得られにくい環境になってしまっているので十分に踏まえた上で選んでいきたいところです。

 

このようにたるみ対策にとってのオールインワン化粧品選びは基本的な部分を備えたうえでシンプルな内容で必要なケアを行うことができるかどうかが問われます。

 

いろいろな最新の成分や独自の処方に惑わされず、本当に自分にとってよい製品を選んでいく目を養っていきましょう。
参照サイト:たるみに効く化粧品口コミ人気ランキング | リフトアップ化粧品 | ほうれい線美容液

更新履歴